@練馬区農の学校-910/後期4-追肥、土寄せと間引き

後期4回目の練馬区農の学校 初級コース
講師はいつもの
体験農園 農の詩園主 冨岡忠明先生!

本日のお題は
ブロッコリー、キャベツ、人参などへの追肥と土寄せ、虫などが付いていないか点検、チェックと駆除など。


こちらは芯食い虫の被害の後… 
芯食い虫自体を見ることは少ないですがは、芯がはっきり無くなった状態も私は初めて見ました。
一番美味しいところを食べちゃうなんて、まぁなんとひどい…
こうなってしまうと、葉が大きく成るだけで、もちろん実がつきません。
こちらも夜盗虫の被害、葉を薄〜く食べます。食べられた葉が薄〜く、残ります。
葉の裏に着くことが多く、ひっくり返したらいるいるΣ(・□・;)。
糸を引いて、風などで、周囲に拡散していくとのこと。
あまり気持ちのいいものではありません。
追肥には14-3-9の割合の追肥の達人使用。
追肥は何度もやったことがありますが、
今回初めて学んだポイントは
・追肥と土寄せを同時に行う
→畝と畝の間に追肥を蒔き、それから土寄せをする。両バイドという用具があると便利。
→追肥のポイント2つ目
今回は人参でしたが、植えてある端の部分に追肥はいらない、何故なら、横が空いてる場合そっちに広がってしまうから。
←聞けばなるほどで、細かな点ですが、今まで、どうかな?と思いながら適当にやってきたので、ここは勉強になりました!

こちらは人参に付いていた卵。キアゲハの卵。幼虫とサナギ、成虫は見たことがあったのですが卵初めて見ました。
目が慣れるといっぱい発見できました。
人参の間引き。2本生えてるところを一本に。
気をつけないと二本抜いてしまうことも……
先生の笑い話で、
間引きで慌てて2本抜いた後で、まずい!と思ってすぐ戻す人がいますが、残念ながら元には戻りませーん、と。
すぐ戻せば大丈夫かな?初心の頃の気持ちはわかりますが、植物は根が命。先生のお話に思わず吹き出しました(笑)
虫食いや卵、間引きなど細かな作業の話が続きましたので、一息、爽快な本日の畑の風景!!
本日は作業が順調で時間があるので、
消毒機械の実演、ご説明もありました。
最後に皆で輪になって、質疑応答と、少しディスカッションの時間。
天気の良い日に屋外で講習、ディスカッション気持ちが良いです、質疑者の話題も先生のお答えも、内容が良く、気持ちいい時間を過ごせました。
話題も練馬区農業の歴史から最近の動向、東京で出荷量トップを争うというブルーベリーなどの果樹園についてなど様々。
なかなか勉強になります。
「練馬の農家のキャベツ作りのノウハウ、技術は日本一だと思います!」と
すっと言えてしまう冨岡先生、何気ない一言ですがさすが誇りを持ってらっしゃる、凄いと思いました!
練馬区農の学校、本日も勉強になりました、ありがとうございました!

練馬区農 田柄すずしろ体験農園 開園21年目を今年も勝手に応援📣

挑戦している 練馬区田柄すずしろ体験農園さん♫ 練馬区で3番目の開園とのこと! 歴史のある、すずしろ体験農園さんの21年目を応援するページです!

0コメント

  • 1000 / 1000